小学生の視力回復に自宅で1日13分のアイトレーニング

子供たちを取り巻く目の環境


今の子供たちを取り巻く環境をみると
ゲーム、スマホ タブレットなど

視力にどれほどの影響を与えるかは
現状ではわかりません。

 
さらには 学校でも教科書をなくし
タブレットを使った反転授業を行っています。


こういった状況下では
視力低下の低年齢化は更に
進むのではないかと思われます。


従来のように
学校で視力低下を指摘され

眼科受診を促されて 
眼科でそのまま眼鏡を処方する
という流れが止まらなければ

将来、日本人のほとんどは
眼鏡かコンタクトがないと生活できない
ことになっているかもしれません。


レーシックをすればいい
と思われている方も多くいらっしゃますが

レーシックをしても目を酷使すれば
また視力は低下します。


レーシックをした人は
コンタクトが使えなくなるということも
あまり知られていないようです。


また
レーシックをすると老眼は早く来ます。


80歳になると老化により80%以上の方が
白内障になりますが

レーシックをした人は白内障手術が
かなり困難で、場合によっては手術が
できない場合もあります。


レーシックをした人は 
目薬で白内障の進行を遅らせることしか
できないということです。


もし
手術ができずに白内障が進行すれば、

視界がかすんでいき
やがて失明するかもしれません。


紫外線が強いタンザニアでは
50歳以上の10人に一人は
白内障で失明しているそうです。


もし、あなたが
お子さんの視力でお悩みでしたら

10年間で2098名のお子さまを
0.8以上の視力まで回復させた実績のある
このプログラムがおススメです。

banner5_271.jpg



タグキーワード
| 更新情報をチェックする
Copyright © 小学生の視力回復に自宅で1日13分のアイトレーニング All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます